田辺節雄コミックにおけるエロスシーン




田辺節雄氏は望月三起也氏のアシスタントを勤めていたことがあり、望月氏の画風を受け継ぐ大変実力のある漫画家です。
スポーツ、アクション、パニックものには名作と呼ばれるものが多数あります。
大胆なペンタッチで描かれる画風は迫力があり、人物描写は躍動感に満ちて魅力的です。
特に肉感的な女性の描写は素晴しい表現をしています。
ここでは田辺氏の70〜80年代作品の中から、セックスとレイプを中心としたエロティックシーンのみを抜粋して紹介しています。

田辺節雄氏作品には西村寿行氏原作のパニック小説を原作とした作品が数作あり、このサイトでも「滅びの笛」「滅びの宴」「蒼茫の大地滅ぶ」を紹介しています。
これらの作品は壮大なスケールのストーリーの中で、数々のエロティックシーンが盛り込まれています。
西村寿行氏はバイオレンスやセックス、レイプの描写は皆さんがご存じの通り、卓越した描写で表現する作家です。
官能と暴力的な性表現はリアルであり、惹き込まれます。
特に暴力的な性表現は、人間の奥底に潜む欲望を刺激し、強姦、輪姦、陵辱が非日常的な性快楽に変化してゆく妖しげな世界へと誘ってくれます。
田辺コミック作品にもこれらのエロティックシーンは、肉感的で迫力ある画風で描かれており、近年の萌え系アダルトコミックにはない、独特の感覚を味わわせてくれます。
アダルトコミックは「性」そのものが目的ですが、ここで紹介している作品たちは、性表現やエロスは物語の味付けとして描かれています。
それらは逆に想像力を刺激してくれます。
70〜80年代の作品の古さがかえって、近年の激しい描写で埋め尽くされているアダルトコミックには無いリアリティを与えていると思います。
ダイレクトなエロスでの表現とは違うエロス世界が田辺作品には、それとなく埋め込まれています。
では、ごゆっくりと昔懐かしいコミックエロスを味わってみてください。

***入室***

アダルトコンテンツを含みます、18歳未満の閲覧はお断りします。
リンクフリーです。link free






バスティー東京アダルト・リンク・ランキング人気アダルトサイトランキングアダルトtinkerbuffer.png


RSSリーダー
    

inserted by FC2 system